株の銘柄選びの後悔回避と自信過剰について(スナップアップ投資顧問)。

株の銘柄選び

株式の個別銘柄を選ぶ難しさと、よい運用のファンドを選ぶ難しさには、ほぼ変わりはない。どちらも結果を予測するのは困難である。

後悔回避

両者に違いがあるとすれば、自分で個別銘柄の選択に失敗した場合は、自分を責めることになる。一方、ファンドの運用結果が悪い場合は、ファンドマネジャーの責任だと思うようになる。したがって、後者のほうが自分の気が楽だ。これは、行動ファイナンスの用語でいう「後悔回避」の行動だ。

投資しているかどうかも含めて判断しやすい。

しかし、もともと個別銘柄のよしあしを判断できないから、投資信託に投資しようというのが趣旨だ。投資銘柄を見ることができても、そのファンドがよいファンドかどうかはわからないのではないか。アクティブ・ファンドでもっと手数料が安いものが出てくることを望みたいという意見もある。具体的には、信託報酬が0・5%以下のものだ。

結局、投資信託を買うとは他人に運用を任せるという行為である。判断できないところを判断できるつもりになって決めなければならない。ある種の飛躍がどうして存在する。

自信過剰

これは、結局のところ、自分の判断能力に対する「オーバー・コンフィデンス」(自信過剰)ということになる。こうした心理がまったく働かないとすると、それはそれで世の中は退屈なのではないか。